ホーム > 診療科・部門のご案内 - 看護部

看護部
  • 看護部のご紹介
  • 看護体制・看護方式・勤務体制
  • 教育体制
  • 病棟紹介

what's new

看護部のご紹介

 一人ひとりを大切に働きやすい職場環境の中で、看護の質の向上と効率化を目指しています。

 また、卒後教育の充実、専門性のある看護師の育成をはかり、一般病棟施設基準7対1看護配置による「ゆとりのある・手厚い看護」により、患者様によりよい看護サービスを提供できるよう心がけています。

看護部

看護部長:坂根 裕子

看護管理者

看護部 看護管理者



《看護部ご紹介ムービー》





看護部理念

一人ひとりを大切にし、
誠意をもって
患者中心の看護を提供します


理念の意味とねらい

一人ひとりを大切に」とは

3つの意味

  1. 患者一人ひとりの命と人権を尊重
  2. 患者中心の看護を提供する看護者自身、自分自身を大切にして自己実現を目指す
  3. 組織は、職員一人ひとりを大切にする

自分自身を大切にした生き方は他者(患者)を大切にした患者中心の看護を提供することに繫がる

当院看護部

「一人ひとりを大切にできる」人づくりを行います



看護部基本方針

  1. 日本看護協会「看護者の倫理綱領」を行動の指針とします
  2. 専門職として看護の本質を追及し、科学的・創造的で主体性のある看護を提供します
  3. 広く地域や医療チームと連携して患者中心の看護を提供します
  4. 自ら心身の健康保持・増進に努め、品行を高く仕事に責任を持ち、自己の能力開発に努めます
  5. ワーク・ライフ・バランスの取り組みを継続し、働きやすい職場づくりを目指します



当院が求める看護師像

看護師の6つの条件

  1. 感情の健全・健康
  2. 成熟したコミュニケーション
  3. ともに働く人間関係能力
  4. 人に良い影響を与えることができる
  5. 患者の問題を解決する能力
  6. 最良・最高の看護を実践する能力

よい看護実践は、6つの条件がまとまった働きで実現する



平成29年度看護部目標

1. 患者の気持ちに寄り添い、安全・安心で質の高い看護を提供する
 
1) 患者の意思・人権・人格を尊重し、生活背景を理解した看護を実践する。
2) 実践した看護を倫理カンファレンスを通して振り返り、よりよい看護実践に繋げる。
3) 地域連携を通して多職種とともに患者の情報を共有し、看護の専門性を発揮する。
4) 入院時から退院を見据えて家族支援を行い、安心できる退院支援を行う。
認知症看護の知識を深め、実践する
5) 各自、感染・医療事故・ヒヤリハットを起こさないための対策、行動がとれる。
2. 医療情勢の変化を理解し、病院経営に積極的に参加する
 
1) 各部署の特色を理解し、効率的かつ倫理的な病床運営を行う。
2) 積極的に在宅支援をすすめ、訪問看護の利用者の拡大を図る。
3) 在院日数、患者数の確保・維持、重症度・看護必要度、入院期間、在宅復帰率、医療区分を考慮し,効果的な病床管理する。
4) 各部署で経済性を考えた業務改善、遂行を行う。
3. 各自が個人目標に向けて活動するとともに、一人ひとりが丁寧に人と関わり、お互いを大切にしあえる職場作りに貢献する
 
1) 個々が専門職業人としてキャリアアップに努め、目標達成に向けて活動する。  
2) 看護実践の場面を通して看護を語り、互いに認め合いやりがいをもって働ける職場を つくる。
3) 看護師・看護補助者、他職種と協働し、互いに尊重しあうチームを構築する。
4) ワーク・ライフ・バランスの取り組みに参画し、皆が安心して働き続けられる職場環境 を考える。
(1)職員アンケートを活かしたWLBの活動
(2)夜勤者の負担を軽減する活動
5) 職員の心身の健康管理に関心を持ち、お互いに支えあいメンタルヘルスケアをする。