ホーム > 診療科・部門のご案内 - 神経内科

神経内科

神経内科のご紹介

神経内科  神経内科は、現在は大学からの非常勤医師3名の体制で外来診療を行っています。
 外来診療は毎週金曜日と隔週の火・木曜日の午後です。各診療日とも再来は予約制としています。初診の場合は事前にご連絡いただき、受診日の調整をさせていただきます。
 入院は内科医師が主治医となり、週2回の非常勤神経内科専門医と連携して診療させていただきます。
 主として脳卒中急性期病院からのリハビリ紹介患者さまを受け入れています。可能な限り早期に転院いただき、まず一般病棟で必要な諸検査を行い、全身状態を観察した後、回復期リハビリテーション病棟に移っていただきます。
 回復期リハビリテーション病棟の入院には発症から2ヶ月以内の縛りがあります。またリハビリ可能な日数も発症から180日以内という上限があります。現在、様々な理由から転院から約3ヶ月の入院期間を患者さま・ご家族さまに提示しています。回復期リハビリテーション病棟は患者さまが退院後、スムーズに日常生活に復帰できることを目指しており、病院から自宅への移行を助ける「橋渡し役」を担っています。月に1回、患者さま、ご家族と一緒に医師、担当リハビリスタッフ、看護師、MSWが参加する合同カンファレンスを行い、患者さま、ご家族の意向に沿って退院に向けての目標や今後の援助について検討していきます。退院前には、リハビリスタッフによる自宅訪問、必要に応じてケアマネジャーも参加してのミニカンファレンスも積極的に行い、在宅支援を行っています。



神経内科医師のご紹介

瀧川みき