ホーム > 当病院についてトップ > 病院長あいさつ

森尾院長  当院の前身は昭和14年に開設された軍事保養院傷痍軍人三朝温泉療養所にはじまります。昭和20年以降平成12年2月までは国立病院として時代ごとの医療ニーズに応えてきましたが、平成12年3月鳥取県中部医師会に経営移譲され鳥取県中部医師会立三朝温泉病院となり今日に至っています。

 医師会員の後方支援型病院としての役割を担い地域医療に貢献しています。現在の当院の診療対象は脳神経内科疾患(脳卒中、高次脳機能傷害、神経変性疾患など)、整形外科疾患(関節リウマチ、脊椎疾患、変形性関節症、骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折)、高齢者内科疾患(肝臓疾患、消化器疾患、 腎臓疾患、膠原病、糖尿病、循環器疾患)などです。急性期、地域包括ケアの一般病棟は83床、慢性期の長期療養病棟は95床のベッドがあり、内科急性期、整形外科手術症例に対応するとともに温泉リハビリを利用した長期療養にも対応しています。当院のセールスポイントは豊富な温泉資源(ラジウム含有温泉吐出量 毎分240リットル)を利用したリハビリ施設(プール、浴室)、熱意のあるリハビリスタッフ、誠実な看護スタッフです。平成24年1月に使用開始された新病棟では個室が増え、病棟内も広くなり療養環境が改善しました。これまで以上に皆様に快適な療養生活をお過ごしいただけるものと思います。

 安全、安心で良質な医療を提供し、常に地域から信頼される病院でありたいと願い、全職員は日々奮励努力して参ります。

院長インタビュー